スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あだ村むだらの苗床30

 「木」曜日はアダムが菌糸を伸ばして育つ日です。


 今日が更新日だって忘れてたのはNA☆I☆SHOなアダムです。ほんの三キロほど走っただけで死にそうになるって・・・年取ったなぁと痛感する今日この頃。

 確か前回は短編四作からなる『ゴほうし!』のプロトタイプのお話が終わった所からでしたね。
 さて、めでたく完成し、そして落選した『ゴほうし!』でしたが、物語はまだ終わりません。そう、それは主人公が核ミサイルで爆撃されても物語は終わらないし、主人公も何でか死んでいない宇宙の真理とも似ています。俺たちの戦いはまだ始まったばっかりだ!
 落選したアダムは考えました。
 どうにか『ゴほうし!』をもう一度芽吹かせる手はないかと。まぁ何だかんだで愛着があったんですね。初めて人から褒めてもらった作品ですし、きの子好きでしたし、愛してましたし、夜な夜な夢想してついにはマジで夢に見てましたし、いや、半分冗談ですが。
 そもそも『ゴほうし!』は短編でした。それでおもしろいと言われたのです。
 じゃぁもう一回短編にすりゃいいじゃん――考えた末の結論がこれでした。
 で、短編にしたんです。
 四本分の短編を一本に圧縮して。
 ページ数に換算すると、280枚規模の話を70枚強にまで圧縮しました。結構アホです。
 おかげで生える所とか、全裸とか、十二本とか、宇宙船とか、そんな要素をまるごと70枚に収めて、それはもうあらすじを書くのに何でこんな苦労しなきゃなんねーんだ!って感じの短編ができあがりました。よしっ、これで出すことができる。短編の賞って少ないけども! 行けるっ行けるぜ! とアダムのテンションはニョキニョキと高まり、
 そして――




 ――出すつもりだった短編の賞がその年になくなりました。




 何のギャグかと思いましたが事実です。
 現在もそうですがライトノベルの賞に短編部門というのは数がありません。ひとつ逃すと、シーズンをふたつまたがないと次の賞がないくらい。
 そんなわけで『ゴほうし!』はまた未知の迷宮へ迷い込むのでした・・・ちゃんちゃん。
 たぶん次で終わりです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

匂いに誘われた方々
アダムが承ります
お仕事の依頼、ブログの感想、作品への感想・文句・誤植・フロイト先生の夢診断等々お待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。